フランス ナポレオン3世(1852~70) 10Centimes銅貨 1854D PCGS-MS64RB UNC+ 未使用

1521
1521 1521 1521 1521

フランス ナポレオン3世(1852~70) 10Centimes銅貨 1854D PCGS-MS64RB UNC+ 未使用

(1521)

商品名:フランス ナポレオン3世(1852~70) 10Centimes銅貨 1854D PCGS-MS64RB UNC+ 未使用

Gad-248 KM-771.4 青銅貨 無冠 リヨン
UNC+
PCGS:http://www.pcgs.com/cert/34768485

 

[ナポレオン3世]

ナポレオン3世(本名 : シャルル・ルイ=ナポレオン・ボナパルト、1808年 – 1873年)は、フランス第二共和政の大統領(在任 : 1848年 – 1852年)、フランス第二帝政の皇帝(在位 : 1852年 – 1870年)である。

フランス第一帝政の皇帝であるナポレオン・ボナパルト(ナポレオン1世)の甥にあたる。1815年のナポレオン1世の失脚後、国外へと亡命し、さらに武装蜂起に失敗し獄中生活を余儀なくされた。1848年革命で王政が廃止されるとフランスへ帰国。彼がナポレオンの唯一の後継者であったこともあり次第に人気を獲得し、同年の大統領選挙でフランス第二共和政の大統領に当選した。そののち1851年に国民議会に対するクーデタを起こし、議会から共和派を追放したことで独裁権力を掌握。1852年に皇帝に即位した。初めの内は権威主義的な独裁政治を行っていたが、1860年代頃から次第に自由主義的な改革を取り入れるようになる。内政面では、ストライキ権の承認、言論・結社の自由の一部承認などの他、ヨーロッパ諸外国との自由貿易条約の締結、パリ改造計画、近代金融の確立、鉄道敷設などに尽くし、フランスの産業発展に寄与した。外交面では、クリミア戦争によるウィーン体制終焉後のヨーロッパ各地において、自由主義ナショナリズム運動を支援することでフランスの影響力拡大を図った。植民地の拡大にも精力を傾け、アフリカ・アジアにおける植民地を獲得するが、メキシコ出兵の失敗により批判を呼ぶ。その後、1870年に勃発した普仏戦争でプロイセン軍の捕虜となり皇帝を失脚、フランス第二帝政は崩壊した。

ナポレオン3世は徳川慶喜に対して軍服や軍馬を贈るなど、日本との友好関係を築くのに積極的であったが、これは日本をフランスの植民地にする目的があったためと言われている。

 

Napoleon III (real name: Charles Louis-Napoleon · Bonaparte, 1808 – 1873) was the President of the Second Republic of France (1848 – 1852), Emperor of the Second Empire of France (Position: 1852 Year – 1870).

It is the nephew of Napoleon Bonaparte (Napoleon I), the emperor of the first empire of France. After the fall of Napoleon I in 1815, he exiled abroad, failed in armed uprising and forced him to live in prison. When the reign of 1848 reigned the royal government, he returned to France. As he was the only successor to Napoleon, he gradually gained popularity and won the President of the second French Republic in the presidential election of the same year. After that, in 1851 raised a coup against the National Assembly, exiled the Republican from Parliament and grasp the dictatorship power. In 1852 he empowered the emperor. Initially they had done authoritarian dictatorship, but gradually adopted liberal reforms from the 1860s. In terms of domestic affairs, in addition to approval of strikes right, partial approval of freedom of speech and association, as well as concluding a free trade treaty with other foreign countries in Europe, planning remodeling of Paris, establishing modern finance, laying railways, It contributed to industrial development. On the diplomatic front, in an effort to expand the influence of France by supporting the liberalism nationalism movement in various parts of Europe after the end of the Vienna regime by the Crimean war. He also endeavors to expand colonies and gains colonies in Africa and Asia, but calls for criticism due to the failure of Mexican dispatch. After that, it became a prisoner of the Prussian army in the French Prussian war broke out in 1870, the emperor ceased to exist, the second French empire collapsed.

在庫状態 : 在庫有り
¥19,000(税込)
数量