1円銀貨 修正品の見分け方

こちらの記事では1円銀貨の修正品について解説していきます。

この記事を読めば市場に出回っている、

1円銀貨の修正品を見分けられると思います。

 

修正品の見分け方

こちらの銀貨が修正品です。

修正品とは刻印部分を、

金属で穴埋めしたり、削り取った痕跡が、

見受けられる物です。

余談ですが、刻印部分の事を、

専門用語でチョップ打ちと言います。

 

まずは刻印部分とは、

どういうものか見ていきましょう。

修正前の刻印の画像ははこちら

以下が刻印のアップです。

 

   

   

当時の中国の両替商が、

銀品位を鑑定し、その保証に打たれたものです。

中国人が打ったものですので、漢字の刻印が多いです。

 

 

このような刻印を穴埋めして、

デザインを加工したものが先ほどのこちらの写真です。

アップの写真はこちら

「一圓」の部分に修正跡が見られます。

刻印部分を金属で埋めて、

デザインを掘った物です。

「圓」の「口」の右側を確認すると分かりやすいです。

 

 

次にこの銀貨をひっくり返して、裏面を見てみます。

表面に刻印を打つと、裏面が凸になるので、

裏面も修正されていることが多いです。

この銀貨の裏面はこちら

 

パット見て黄色くなっている箇所が有ります。

この理由は、元々の銀貨の材料より、

不純物が多い金属で埋めたので、

埋めた部分だけ黄色になりました。

 

ただし、黄色っぽくなっていても、

未修正品の場合が有りますので、ご注意ください。

消しゴムでこすってみると消えることが有ります。

 

この黄色の部分は修正品を見分けるための、

大切なポイントです。

 

この部分のアップの写真を見てみましょう。

彫りが下手なので、竜の顔が潰れているので、

簡単に修正品と見分けることができます。

念のため、未修正品と比較してみます。

 

 

左が未修正品で、右が修正品です。

修正品はデザインが荒いですね。

 

以上のように

黄色い部分が見えていて、

彫った加工跡がある時は、

修正品と特定することができます。

 

 

丸銀打ち

次に丸銀打ちの1円銀貨の写真です。

 

こちらの銀と刻印の打ってあるものは、

造幣局が打った丸銀打ちというものですので、

普通の円銀と同じくらいの物ですので、

ご注意ください。

 

相場

相場としては

普通の円銀が6000円から6500円で、

丸銀打ちも同じです。

刻印が打ってある円銀は3500円から4500円で、

修正品の円銀は3000円から4000円です。

 

練習問題

 

写真でこちらの1円銀貨を、

修正品かどうか見分けてみましょう。

 

 

パッと見たところ、黄色の部分が有るので、

修正品の可能性が高いです。

 

黄色くなっている所をアップで見てみましょう。

この写真に写っている玉のことを「宝珠」と言います。

肉眼で見るのは大変だと思うので、

ルーペを持っていましたら使ってください。

 

本物の宝珠と比べてみます。

 

左がこの銀貨で右が本物の銀貨の写真です。

宝珠の渦がガタガタなのが見て分かります。

つまり彫って加工したことが分かります。

 

以上のように、

黄色い部分が見えていて、

細かくデザインを見ると彫った加工跡があるので、

修正品ということが分かります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です