満州 康徳四年 1937年 五分 白銅貨 XF

1481
1481 1481 1481 1481 1481

満州 康徳四年 1937年 五分 白銅貨 XF

(1481)

状態: XF
重さ: 3.49g
直径: 20.01 mm

[満州国]

日本の以前の傀儡国家である満州国は中国東北部の鳳凰(遼寧)、キリン(吉林)、白龍江(黒龍江)、ヨホール(リーヘ)からなり、面積は1,303,134平方 km、人口は4,330万人である。

首都:長春(後に新京と改名) この地域は、肥沃な土壌、木材、石炭、鉄、金などの鉱物資源が豊富。

中国の影響が支配的となった19世紀の閉鎖年まで、満州は主に満州族とそのモンゴルの同盟国の領域だった。中国の影響力の上昇と同時に、外国の帝国主義の力は、その拡張哲学への地域の価値を認識し始めた。資源が過剰に乏しく不足している日本は、原材料の供給源と生活水準の向上を求めていた。ロシアは、東シベリア鉄道の東端にアジア帝国を結成することを望んでいた。日本と中国、ロシアの利益の必然的な対立は、1つ以上の権力を排除することを要求した。日本は、1904年から1905年の戦争でロシアを排除した後、1931年9月18日の夜、中国を排除した。このとき、人為的な事件を口実にして3つの東部州を支配するために何百万もの人々が動いていた。1932年の初め、日本は満州独立宣言を分離主義運動によって独立と宣言し、満州国の国家を確立した。傀儡国家に合法性を与えるために、満州国の元皇帝は退職して「最高経営責任者」と呼ばれた。 そしてこの地域は第二次世界大戦の終わりに中国に戻った。

 

Coincident with the rise of Chinese influence,foreign imperialistic powers began to appreciate the value of the area to their expansionist philosophy.
Japan,overpopulated and poor in resources,desired it as a source of raw materials and for increased living area.
Russia wanted it as the eastern terminus of the Trans-Siberian railway that was to unite its Asian empire.The inevitable conflict of Jap-anese,Chinese and Russian interests required that one or more of the powers be eliminated.After eliminating Russia in their war of 1904-05, Japan eliminated China on the night oh Sept.18,1931, when, on the pretext of a contrived incident, it moved mil-itarily to seize control of the Three Eastern Provinces. Early in 1932 Japan declared Manchuria independent by virtue of a vol-untary separatist movement and established the state of Man-choukuo.To give the puppet state an aura of legitimacy, the deposed emperor of the former Manchu dynasty was recalled from retirement and designated “chief executive”. The area was restored to China at the end of World War Ⅱ.

在庫状態 : 在庫有り
¥2,000(税込)
数量