天保小判金 裏刻印 日本貨幣商協同組合鑑定書付

2445
2445 2445 2445 2445 2445 2445 2445 2445 2445 2445 2445 2445

天保小判金 日本貨幣商協同組合鑑定書付

(2445)

 

業界最安値

 弊社は直接買い取りを実施しているため、中間コストが掛かりません。

 また、ネット販売に特化し実店舗を持たないため、他店様に比べて大幅に値段を下げてのご提供が可能となっております。

 ※送料は10,000円以上のお買い物で無料、代引き手数料も無料です。

保管に最適な桐箱入り

 それぞれに専用の桐箱、金色のプレートが付属しております。

 桐箱は骨董品・美術品の保管に最も適していると言われており、防虫効果・恒湿作用が高く、小判の美しい状態を長期的に維持することが可能です。

 

 

 

歴史は醜いが、小判は美しい

 天保の大飢饉で人々が苦しむ中で誕生し、幕府の財政を再建した優雅な天保小判金。

 日本史上 最も美しい小判であり、それまでの小判と比べて造形と黄金の色彩が美麗であるのが特徴です。

 上野の東京国立博物館も所蔵している歴史的一枚でもあります。

 

鑑定の専門家による認定

 専門家による鑑定書(日本貨幣商協同組合)つきなので、正真正銘の本物と保証されています。

 

江戸時代を感じる造形美

 それまでの完全手工業で作られていた小判と違い、当時の職人達による最新技術が施されました。

 ローラーを使って金を延ばすことでより平らになり、金の発色がより鮮やかなものになりました。

 また、小判の裏面のデザインに「保」の漢字が打たれています。1831年から始まる江戸時代の天保年間を表すために「保」の刻印を使いました。

 手のひらサイズで江戸時代に思いを馳せることができます。

 

天保小判金の詳細

大きさ:約 60×31 mm
量目:約 11.20 g
品位:金568 / 銀432

日本貨幣商協同組合による鑑定書つきとなっています。

専用の桐箱、金色のプレートも付属しております。

※写真と同程度の品物をお届けいたします。

在庫状態 : 在庫僅少
¥234,800 ¥198,000(税込)
数量