水戸虎銭 五十文通用 未使用 富国強兵 水戸藩の鋳銭 慶応3年 1867年 地方銭 穴銭 古銭 コイン

5043
5043

水戸虎銭 五十文通用 未使用 富国強兵 水戸藩の鋳銭 慶応3年 1867年 地方銭 穴銭 古銭 コイン

(5043)

1867年に水戸藩が発行した、水戸虎銭の未使用です。
額面は五十文で流通していました。
水戸藩は銭座職人へ支払い用に100文として発行しましたが、
その後市中で50文として通用したものだそうです。


1867年は大政奉還でおなじみの年で、
水戸虎銭は江戸時代最後の年に発行されました。

なぜ裏面のデザインは富国強兵なのでしょうか?
1800年代前半に水戸藩の水戸学において、
「富国強兵」によって外国と対抗する必要が唱えられていました。
この水戸学こそ明治政府の基本方針である「富国強兵」の理論的支柱になりました。
江戸時代の頃から富国強兵が必要であるという先見の明が、
裏面のデザインに現れています。

量目:9.94 g
直径:33.22 mm
表面:虎
裏面:富国強兵

在庫状態 : 在庫有り
¥50,000(税込)
数量