水戸大黒銭 百文通用 極美品 地方貨幣 寿比南山 水戸藩の鋳銭 慶応3年 1867年 古銭 コイン 穴銭

5044
5044

水戸大黒銭 二十五文通用 極美品 地方貨幣 寿比南山 水戸藩の鋳銭 慶応3年 1867年 古銭 コイン 穴銭

(5044)

1867年に水戸藩が発行した、水戸大黒銭です。
額面は二十五文で流通していました。
ちなみに同時期に水戸虎銭が五十文で通用していました。
水戸虎銭は水戸藩が銭座職人へ支払い用として発行しましたが、
水戸大黒銭はどのように発行されたのか謎の古銭です。

表面のデザインの大黒天は、食べ物、財福の神さまとして知られています。
裏面の「寿比南山」とはどのような意味なのでしょうか?

この大きい寿の文字は南山に書かれています。
南山とは山東省青州市にある雲門山の南のことです。
この大きい寿の文字は明代嘉靖時代(1521~1566年)に、
衡王府の管家(財産の管理人)の周全が書いたものです。
「寿」の文字は高さ7.5メートル、幅3.7メートルにも達しています。
つまり、「寿比南山」とは南山の寿より寿命が長いということです。
寿命が南山のように長く、長寿を祈り、
この「寿比南山」という熟語が生まれました。

表面は財福の神様で、裏面は長寿を祈っているデザインですので、
日本の古銭の中で1番縁起が良いのではないでしょうか?

量目:6.58 g
直径:29.69 mm
表面:大黒像
裏面:寿比南山

在庫状態 : 在庫有り
¥55,000(税込)
数量