満州 康徳十二年 1945年 壹分マグネサイト貨 F

1302
1302 1302 1302 1302 1302

満州 康徳十二年 1945年 壹分マグネサイト貨 F

(1302)

状態: F
重さ: 0.66g
直径: 16.05 mm

満州国圓(滿洲國圓、まんしゅうこくえん)は、満洲国で流通した通貨です。
通称は国幣で、満洲中央銀行が発行しました。
1932年(大同元年)に建国された満洲国は、それまで軍閥政権が東三省で独自に発行していた貨幣を統一(幣制統一)するにあたり、満洲中央銀行法(大同元年6月11日教令第26号)を公布して満洲中央銀行を設立し、新貨幣(通称・国幣)を発行しました。
満洲国幣は中華民国の通貨と同じく銀本位制でスタートし、現大洋(袁世凱弗、孫文弗と呼ばれた銀圓)と等価とされました。

在庫状態 : 在庫有り
¥2,100(税込)
数量